運動会

 

 

工房でお仕事をしていると

最近は毎日近くの小学校から

運動会の練習の音が聞こえてきます。

 

 

太鼓や音楽、声援、

先生のががっと叱っている声(笑)

 

そうこうしていると

また風に乗って今度は

給食の香りがっ。

 

懐かしー

(*^~^*)

 

未だに小学校時代の空気がよみがえります。

そしてちゃんとお腹が空きます

(*^~^*)

 

 

運動会と言えば

娘が小学校に入ってかけっこのとき

 

二位になったと喜んでいたのを思い出します。

しかし一緒に走ったメンツは太っちょさん。

 

よーいどん!と五人組で走るのですが

当たりさわりのないよう同じ速さの五人が走るのを見て

昔人間の私は か・な・り  びっくりしました。

 

おかげで?娘は運動音痴に全く気付かず育ったわけですが(^_^;)

 

毎年毎年太っちょさん達とずっとんどっこん走って

(太っちょさんごめんなさい)

逆にこっちから見たらバレバレでそのご配慮を頂いたこの五人が

逆にお気の毒に見えたりしました。

 

極端にやり過ぎていませんか、

それ、、正解っ(^_^;)?

 

娘の足の遅さは

秘密にしなきゃいけないのかな。。
私がおかしい?

 

 

得意な子は得意なんだから思いっきりかっこよく光らせて

あげたいなぁ。+☆+。

 

と、

この時期になると

そんなことを思い出します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それから長い年月を経て

 

そんな娘は高校三年生になりました。

 

もう何でも自分でするし

逆に手を出そうにも出せず

私の知らない娘の世界が出はじめたころのことです。

 

 

こんなものを学校からもらって帰ってきました。

 

 

文科省の体力証

 

 

そこにはあなたの素晴らしい基礎体力を称えてと

A判定を表彰されいました。

 

項目は

ハンド投げ・立幅・50メータ走・シャトルラン・反復横跳び

前屈・上体起こし・握力

です。

 

 

10点満点中50メーター走については10点満点、

7秒09

 

・・・

 

・・・

 

まさか。

 

 

そうこうしているうちに体育祭があり

体育祭ではブロックのリレーの代表に選ばれて

颯爽と走ってました。

 

 

・・・

 

・・・

 

違う違うっ!

 

 

どこで何が変わったのか

いつの間にやら全くわかりません

* ̄0 ̄)ノ

 

 

思い返せば前兆はありました。

 

『お母さん!私体育でバレーやってんけど結構うまいで!』

『こっちのチームきてーって言われた!』

『テニス結構出来たで!』

 

都度良かったねーと言いつつ

 

・・またまた〜

でたー!気付いてないしー

 

位の勢いで聞いてました(正直言って)

 

何が娘を変えたのか、

4歳から続けたバレエ?

山道根性で走りぬく通学時の自転車?

生まれ月が遅いので成長が高校になってみんなと揃った?

 

 

わかりませーん(v_v)

 

 

しかしその華々しいデビューを迎えたにせよ

悲しいかな高校三年生に付き

生涯学校生活最後の運動会となってしまった娘です。

 

 

親が一番我が子を知ってる!

この子はこれが得意!

いやいやむいてない!

 

 

親である

私が一番見えてないわ(^-^)ハハハ

 

 

こんな珍しい人もいたらしいと励みに

みなさんの子育てに生かしてくださーい!

 

 

 

あーびっくりした

2014の秋でした。

 

 

ちゃんちゃん。

 

 

 

今日も1日

サンキューです☆

 

 

 

 

*朱月*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

御嶽山

 

子供の時

 

御嶽山は

 

京風に

御嶽さんだとずっと思ってました。

 

あっ、

清水さん(清水寺)

あめちゃん、(飴)

ってこういう感じにです(笑

 

いまだこのフレーズがニューズで流れるたび

私の耳には『御嶽さん』と可愛く届いています。

 

でも

そうとばかりも思っていられず

日増しに被害の大きさに

胸が締め付けられる思いが増してきました。

 

 

レスキューや自衛隊の方々は

命を懸けて登山して下さっています。

 

 

きっと今朝は家族に別れを告げて

挑んだのだろうと想像しては涙が出るのです。

 

 

急な斜面の頂上付近、

テレビに映るライブ映像に

主人や父や息子の姿を見たとき家族はどんな気持ちだろうと。。

 

 

せめて

 

勤めを終えた時、国民が拍手して迎える、

もっと英雄として称える、

ありがとう!ありがとう!と何度も言える

なにかそういう場があっても良いのではないかと思うのです。

 

 

そんな事を思いながら

せめてテレビに向って

手を合わせてる私です。

 

ほんと、

また辛いことが起こってしまいましたね、、

命の尊さと心の命の尊さを

痛感する今日の私です。